2012-08-30(Thu)

防災週間(8/30〜9/5)

防災の日の9月1日を中心とした一週間(8/30〜9/5)は、防災週間です。

今朝、宮城県で震度5強の地震がありました。
南海トラフ地震が巨大地震が発生したら、死者が32万人全壊が238万戸という被害想定が発表されました。

この防災週間は、ご自身の災害対策を見直す、いい機会かと思います。
ご家族とともに一緒に災害対策を確認してください。

小豆沢北町会では、10月14日日曜日に防災訓練を実施します。
小豆沢北町会から災害時の避難所となる志村第四小学校まで避難誘導訓練や、応急救命訓練を行います。

是非、ご参加いただきますようお願いします。


追記)町会防災部より

期間中、NTT災害伝言ダイアル#171や携帯各社災害伝言版の体験が可能です。

インターネットに接続可能な方はNTT『災害伝言版web171』の登録、体験も可能です。(下記URL参照)
こちらはスマホや携帯各社の災害伝言版と連携して安否検索が可能です。
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/web171s/touroku.html


大災害時、電気が止まれば各家庭でご使用の電源式固定電話は使用できません。携帯電話も通話は不能と思われますが、携帯やパソコンから災害伝言版にアクセス出来れば安否検索が可能です。
この防災週間期間中にご家族やお知り合いと各社災害伝言版の体験をして下さい。
2012-05-12(Sat)

浸水対策について(小豆沢北町会防災部より)

広報いたばし5/12日号1面に浸水対策について記事が掲載されております。

昨今、竜巻、雹、ゲリラ豪雨等不安定な天候が続いております。
小豆沢北町会地域は、荒川、新河岸川が氾濫した場合浸水被害を被る可能性のある地域です。
今まで浸水被害は出ていないから大丈夫だろうという楽観は禁物です。
地球温暖化が原因かどうか解りませんが、明らかに昔とは気候が変わってきております。
梅雨入りも近づいております。避難指示が出た場合の避難経路、土嚢ステーションの設置場所等々事前に確認をお願いします。

地域避難場所:北区桐ヶ丘周辺、
地域避難所:志村第四小学校、志村第二中学校

北町会防災部より
2012-03-08(Thu)

災害対策に関して

小豆沢北町会防災部より、先般災害に関するご質問頂いた件で所管部署に確認されました。
その結果内容と、合わせまして災害時の対策のお願いを御案内させていただきます。

●小豆沢公園(金網公園)に設置されている災害対策用トイレについて
区に確認した所、溜めるピット容量が大きい仕様で、災害時に使用するには便座を壊して汲み取り式トイレの様にして使うとの事です。容積は、1日/1000人使用したとして10~12日の容量があるそうです。(区公園課の話)

●災害時の『落ち合い場所』について
地域センターに聞いたところ、基本的には区の避難所(災害備蓄品の用意あり)に指定されている、志村第四小学校、志村二中にして下さいとの事。小豆沢体育館には備蓄品無しです。

●災害時の対策のお願い
災害発生時の対応について、家族で防災会議を開いてもらい、連絡方法(災害伝言 ダイアル#171、携帯電話、携帯メール、携帯電話会社災害伝言版、ツイッター、フェイスブック等々)や、どこで落ち合うか等災害時の家族の行動を事前に決めておく必要があります。
この地域から離れた場所に通勤、通学している方々は確実に帰宅困難になります。二次被害を避ける為にも、会社や学校が安全であればそこに留まりある程度落ち着ついてから行動するべきです。
311東日本大震災時、通信、交通のマヒした東京では、家族と連絡が取れない等の理由で520万人もの帰宅難民が町にあふれ出ました。物的被害のほとんどなかった311であの状況です。首都直下型地震が起きれば、道路や橋が通れるかどうかも分かりません。途中でビルの倒壊や火事に巻き込まれる危険もあります。
家族の安否確認さえできれば敢えて危険な行動をとらなくとも良いわけです。上記の通り、複数の安否確認(通信)手段を家族で試して下さい。
2012-01-13(Fri)

小豆沢北町会防災部より 防災とボランティア週間 1/15~1/21

平成7年1/17日に発生した阪神淡路大震災を契機に、毎年1/17日は『防災とボランティアの日』と定められました。そして、毎年1/15日~1/21日は『防災とボランティア週間』です。

この期間、NTT災害伝言ダイアル177や携帯電話各社の災害伝言板の体験が出来ます。
災害時、一番の心配事は大切な家族や知人の安否です。この機会にご家族で是非体験して下さい。そして、ご家族で『防災会議』を開いて下さい。

昨年3月に発生した東日本大震災から10カ月が経過しましたが、被災地以外ではあの大災害の記憶が薄れかけている様に思われます。
何時か分かりませんが『災害は忘れたころにやってくる』のです。そして『遠くの親戚より近くの他人』が助けになるという事を思い起こして下さい。

小豆沢北町会 防災部
2011-09-22(Thu)

台風あと

この度の台風15号により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

小豆沢北町会の皆様は、大丈夫だったでしょうか?

うちは、家ネコが「なんか発見したよ」っていうように鳴きだしたので見てみると、
強風でリビングのサッシが耐えきれずに、隙間から雨水が入り込んでいました。

町会防災詰所は、前回の豪雨で浸水があったので心配しておりましたが、
お手製の土のうがちゃんとおいてありましたので、浸水は防げたでしょう~

町会特派員ヨッシーさんからは、環八沿いの街路樹が傾いてしまい、
ご近所のお店の方の手伝いを頂き、復旧作業されたという報告がありました。
訪問者数
小豆沢北町会ブログ2ndにご訪問いただいた方の人数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
お問い合せ・特派員レポート

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
サイト内検索
リンク
お知らせ

《小豆沢北町会について》

小豆沢北町会に関する情報は、小豆沢北町会ホームページで確認をお願いします。


《町会活動ボランティア募集中》

町会住民の皆様の中で、小豆沢北町会の活動をお手伝い頂ける方を募集しています。生活の中でお仕事以外の活動をしてみませんか?

ご興味がある方は、メールでお問い合わせください。


《町会防災部からお願い》

災害時に家族との連絡手段となる災害用伝言ダイヤルを体験練習してください。

災害用伝言ダイヤル「171」は、災害用ブロードバンド伝言板と同様に、 地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、 つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。

「171」をダイヤルしてガイダンスに従って、録音・再生をしてください。

【体験利用提供日】
・ 毎月1日,15日 00:00~24:00
・ 正月三が日 (1月1日00:00~1月3日24:00)
・ 防災週間 (8月30日9:00~9月5日17:00)
・ 防災とボランティア週間 (1月15日9:00~1月21日17:00)

【提供条件】
・ 蓄積伝言数:10伝言
・ 伝言録音時間:30秒
・ 伝言保存期間:6時間

注1 災害が発生した際には体験利用ができない場合があります。
注2 体験利用の開始時間は運用の都合で早まることがあります。
注3 体験利用時においても災害運用時と同様に、 発信されるお客様から伝言の録音または再生する 電話番号までの通話料(通常、電話をおかけになる場合と 同様の料金)はかかります。
管理人Tのつぶやき
 
プロフィール

小豆沢北管理人T

Author:小豆沢北管理人T
小豆沢北町会の情報担当をしております。
私のケンカ友達レオは、私の肩でくつろぐことを覚えました。
爪立てて跳び登ってくるので、体中爪痕だらけです~